カートをみる マイページへログイン ご購入方法 お問い合せ サイトマップ

世界有数のパワースポット「分杭峠」、日本三大パワースポットの一つです。
日本列島を縦断する大断層「中央構造線」に位置し、「ゼロ磁場=気場」が無数に存在する特異空間です。
その中で最も気の流れが強いパワースポット「本命気場」のパワーグッズを制作しています。

分杭峠とは

長野県伊那市の南端、標高1424メートルの地点にあります。平成7年7月2日に地元の「21世紀の伊那谷を考える会」が招いた、中国元極学研究会会長で気功師の張志祥教授が現地視察で分杭峠付近に気場を発見いたしました。

張先生は気功の聖地である中国「蓮花山」の発見者でもあり、分杭峠が「蓮花山」と同等かそれ以上の気が出ている場所だと仰ったそうです。

著名なスピリチュアルカウンセラーもテレビ番組で分杭峠が東洋一のパワースポットであると発言されています。

bungui1


世界最大級の大断層、中央構造線

今から約8000万年前にできた日本列島を縦断する大断層が中央構造線です。全長1000キロメートルに及ぶ長さは世界最大級で、月面からも確認できるそうです。下の地図をご覧ください。分杭峠だけでなく古来より様々な聖地や霊場がこの中央構造線に沿って点在しています。

大地と大地がぶつかり合うエネルギーが拮抗することで、ゼロ磁場なる特異空間が発生し、気を発生させているのではないかと言われています。興味のある方は電気通信大学名誉教授の佐々木茂美先生の著書「気」のつくり方・高め方―実験データが明かした「気」の正体(ゴマブックス)をお読みください。

昨今のパワースポットブームでは、人に荒らされて力が無くなってしまった著名な聖地が多数あると聞いています。その点、分杭峠は付近全域がパワースポットで、無数に存在する気場は常に動いていますから枯れることがありません。ただ、多くの人々が滞留する場所では、気を全く感じないところがあります。


宗教色のないパワースポット

パワースポットはそのほとんどが神社・仏閣です。海外でもたとえば古代エジプトのピラミッドは宗教施設です。
下の地図にある四国の山々も修験道の聖地であります。しかし、分杭峠には付近においても宗教施設はなく、現在は伊那市の市有地となっています。

中央構造線


なぜ、分杭峠の気場は最近発見されたのか?

上の地図をご覧になって気づかれた方もいらっしゃると思いますが、分杭峠だけが最近のパワースポットです。中央構造線沿いには秋葉街道が通っていて、分杭峠もこの街道にあります。古くは縄文時代から交易の道として利用されており、戦国時代には武田信玄が軍用路として利用しました。これだけのパワースポットが最近まで放置されていたことは、大きな謎とされています。

この謎に対してはある霊的ドラマが存在しており、学研「ムー」2010年11月号と12月号のスピリチュアルレポートで詳しく情報提供させていただきました。以下は一つのお話しとしてご理解ください。

実は分杭峠のパワーは今から約2200年前に封印されていたのです。分杭峠一帯には無数の気場が存在しそのエネルギーの属する次元も多次元に渡ります。たとえば本命気場は7次元と繋がっているとされ、相応の修業を積まれた方が地元の神霊の許可を得なければ立ち入ることができないとされています。

当時の地球の霊的次元(以下次元)は相対的に低かったため、気場に足を踏み入れた人々には逆に害をもたらすことになります。そこで神霊方によって将来の次元上昇(アセンション)に備えて封印されたのです。今でも人によっては気場で気分の悪くなる方がいらっしゃいます。

前世紀より地球は次元上昇の過程にあり、気場の次元との開きが縮まったため、2200年前の封印に携わった同志達が次々と転生し分杭峠に集結しています。宗教色のない聖地として、彼らを媒介にして徐々にその封印が神霊方によって解かれているわけです。それを裏付けるように分杭峠を守護されている神霊団がその御姿を次々に現しはじめています。

その写真については当サイトだけでなく、学研「ムー」2010年12月号の巻頭特集「パワースポットに現れた金色の神」にも掲載されています。この封印解除に伴った神霊団からの最大のミッションの一つに、分杭峠の気場エネルギーを封入したパワーグッズの制作があります。このミッションは2010年5月にチャネリング(啓示)によって直接下ろされたもので当サイト開設のきっかけとなりました。

数多くの超能力者やヒーラーの方々からは分杭峠のパワーグッズを身につけることで、人体のチャクラが活性化されサイキック能力が向上したと高い評価をいただいております。

ページトップへ