カートをみる マイページへログイン ご購入方法 お問い合せ サイトマップ

世界有数のパワースポット「分杭峠」、日本三大パワースポットの一つです。
日本列島を縦断する大断層「中央構造線」に位置し、「ゼロ磁場=気場」が無数に存在する特異空間です。
その中で最も気の流れが強いパワースポット「本命気場」のパワーグッズを制作しています。

ラピスラズリ 15mm前後10個

宝石に分杭峠の気場エネルギーを入れた、特別な磨き石です。

お部屋に置いたり、ポケットの中やバッグ・カバンの中に入れて持ち歩けば、パワースポットと石の力が直接あなたに伝わります。

サイズ ◆ 15mm前後 粒数:10粒
原産地 ◆ アフガニスタン
※写真はサンプルです。

古代文明の王家が用いたお守り石です。聖なる力を吸収し、災いを消し去るパワーストーン。古代エジプトでは神聖な石とされ、ツタンカーメン王の黄金の仮面に多く使われています。

青色には魔よけの力があると信じられており、護符として使われていたり、粉状にして壁がを描いたりしていたそうです。名画「青いターバンの女」で有名なフェルメール・ブルーは顔料に「ラピスラズリ」が使用されています。

ラピスラズリ 15mm前後10個

価格:

11,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

古代エジプト、シュメール、バビロニアの時代から、宝石として、また顔料ウルトラマリンの原料として珍重されてきました。 原産地のほとんどがアフガニスタンで、シベリア、チリ、カナダ、アメリカ・コロラド州などでも産出します。日本では産出しません。歴史的な装飾品にも使われていています。
・エジプト - ツタンカーメン王の黄金のマスク
・日本 - 正倉院の紺玉帯
・イタリア - メディチ家の紋章
・フランス - ルイ14世の塩入れ
ラピスはラテン語で「石」 (Lapis)、ラズリはペルシア語からアラビア語に入った "lazward"(ラズワルド: 天・空・青などの意でアジュールの語源)が起源で「群青の空の色」を意味しています。

※天然石であるため不純物や内包物、色むら、天然キズがある場合がございます。
※モニター画面の特性上、実物と色が若干異なる場合があります。

ページトップへ